生徒会活動

令和2年度 生徒会スローガン「 集暖(しゅうだん) ~やがて水になる~ 」

  • 暖かく、思いやりのある集団を目指す。
  • 1つ1つの行事に対して全校の暖かい心を1つに集め、自分たちにしかつくれないものをつくりあげる。
  • 水のような柔軟性、臨機応変な行動、自主的な活動を目指す。
柱1 「生活面」 「日進月歩(にっしんげっぽ)」

すごしやすい生活環境を整えるためにお互いに努力していくことを目指す。

【具体的目標】

整理整頓

  • 常に整理整頓をする習慣をつけて、いつ見てもきれいになっている空間をつくる。
  • 誰もが気持ちよく生活できる空間をつくる。

あいさつ

  • いつも自分から自然とあいさつができるようにする。
  • あいさつから明るい雰囲気の学校づくりを目指す。

【具体的な取り組み】

「あいさつ運動」「あいさつ4ヵ条」「ロッカー下駄箱チェック」「整理整頓指導」

柱2 「伝統面」 「繋超(グレードアップ)」
  • 伝統を繋ぎ、今まで築き上げてきた合唱、太鼓を超える。
  • 集団として道志中の伝統を通して「グレードアップ」を目指す。

【具体的な目標】

合唱

  • 歌に込められた意味を理解し、自分たちの思いを歌にのせ表現し伝える。
  • メリハリのある行動をし、練習を充実させる。

太鼓

  • 1打1打に自分の心を込め、全力で打つ。
  • 学年で互いに教え、学びあい伝統を繋いでいく。
  • あいさつや礼を大切にする。

合唱・太鼓

  • 取り組みの中で意見をいえるようにする。
  • 技術だけでなく聞いてる人に気持ちが伝わる演奏を目指す。
  • 自分たちの全力を常に出し、日々進化が実感できる練習の雰囲気をつくる。

【具体的な取り組み】

「縦割り活動」「トークタイム」「合唱練習」「オンリーコーラス」

柱3 「礼儀面」 「凛華誠尊(りんかせいそん)」
  • 凛として咲く花のように堂々としていて誠の敬意をもって生活する。
  • 誰にでも敬意をもって誰とでも協力できる道志中を目指したい。

【具体的目標】

  • お互いに適切な言葉遣いや態度で、相手を尊敬する気持ちで生活する。
  • 相手の気持ちを考えた接し方を心がけ、思いやりの気持ちを常に持てるよう生活する。
  • 場の雰囲気を感じ取り、適切な姿勢を意識した生活を目指す。

【具体的な取り組み】

「先言後礼」「敬語講習」「いじめ・からかい撲滅宣言」「目安箱」「道志の木」

委員会活動

 中央委員会

会長・副会長・事務局員及び学級代表3名,委員会委員長,部活動部長をもって構成する。

活動内容

  • 中央委員会の目的を果たすための事業及び必要事項を行う。
  • 生徒総会の招集準備を行う。
  • 委員会,部活動の決定事項を審議する。
 生活・福祉・報道委員会

活動内容

  • 風紀の向上・生活目標の推進にあたる。
  • 福祉活動の全般に渡り,その推進にあたる。
  • 校内や社会の出来事などを全校に伝える。
 厚生・美化委員会

活動内容

  • 学校内の保健・給食全般に渡り,その推進にあたる。
  • 校舎内外の美化活動の全般に渡り,その推進にあたる。
 図書・掲示委員会

活動内容

  • 学校図書の運営充実をはかり,教育教材の収集と保存に努める。
 文化・体育委員会

活動内容

  • 芸術活動全般に渡り,その推進にあたる。
  • 体育活動の全般に渡り,その推進にあたる。

部活動

 部活動
  • 野球部
  • 卓球部
  • バドミントン部
  • 陸上部(季節部)
 活動日・活動時間について
  1. 原則として早朝練習は(7:30~8:00)行わない。ただし、教育内大会1週間前は顧問の申し出により校長に許可を得た上で活動することができる。
  2. 毎週水曜日の放課後は活動を行わない。
  3. 活動優先日を設け、月曜日の放課後と木曜日の放課後は部活動優先日とする。
    学級・委員会の活動は原則的にしない。
    (火曜日の放課後と(金曜日の放課後を学級・委員会優先日とする)

道志中学校の部活動に係る活動方針

「道志中学校の部活動に係る活動方針」が決まりました。

詳しくはこちら